« 2006年10月 | トップページ

2006年11月14日 (火)

裁判員制度シンポジウム

日曜日(11月12日)は千葉市の三井ガーデンホテル千葉において裁判員制度推進シンポジウムが開催されました。
この制度に反対の立場の私達は、街宣よろしくハンドマイクとのぼり旗を用意し、ホテル前の公道でチラシ配布を行いました。
時折突風も吹く強風の中でしたが、がんばってしました。
道往く人、参加者と併せて250枚以上のチラシを手渡し、受け取っていただきました。

061112a

061112b

裁判員制度反対の内容のチラシを紹介します。ご覧になり賛同いただける方は「反対!」「いらない!」の抗議をお願いいたします。


風が強かったため掲示できなかったポスターもお目にかけますのでご覧下さい。

061112c

061112d




 

最後になりましたが、お忙しい中、警備をしてくださった警察の方々にお礼を申し上げます。

| | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

教育基本法改悪反対

「教育基本法改正法案の共同修正を求める緊急集会」が11月7日、憲政記念館で行われるので、私達はチラシ配布へ行きました。
181107_1 公道で集会参加者達へ受け取っていただいている時、日本会議側の数名の若者達が配布している私達の前後に立ちはだかり、「自分達の集会の妨害をするな! 別な所で撒け!」 等々を口走り、私達のチラシ手渡しの妨害をし、挙句に「当会とは関係のないチラシですから受け取らないで下さい」といいながら、せっかく受け取ってくださった参加者から勝手にチラシを回収しだしたのです。

181107_2_1

その中には岡本明子氏も一緒の行為をしていました。
三好達氏、石井公一郎氏、小田村四郎氏へは手渡しし、受け取っていただきましたが、日本会議側は何故に「妨害するな!」などとわめき立てて、私達への妨害をしたのでしょう。
チラシの内容をよく読めば理解できるのですが、まあ私達の些細なチラシ撒きなんぞはどこ吹く風で、公明党との約束通りの改悪教育基本法が成立の運びとなりそうではありませんか。

181107_3

ジタバタするでない、といいたい日本会議国民運動関連情報(平成18年11月8日付)の中で
『今問題になっている高校の履修漏れやいじめ自殺の問題で、学校現場が学習指導要領を無視したカリキュラムを組んでいたり、いじめの事実を隠蔽していたり、と、教育行政システムの問題が発覚していますが、これらの問題は教育基本法とその関連法の改正で劇的に改善されることになります。』
と断言しているが、大いに期待したいものです。

181107_4 まずはGHQの憲法よサラバ、日本独自の憲法制定ありきです。それからの教育基本法改正でも遅くはない。
改悪教育基本法が、従前よりも良くなるという詳しい根拠が知りたいものです。


| | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ